永福町/木花日和 の素朴な雰囲気の個性派プリン!

東京都

素朴な雰囲気の個性ハイレベルなプリンのご紹介です!

ご挨拶

今回は前回の記事の続きでーす

私は友人から推奨を受けたプリンを食べに行くことを所望している!

こんにちは! 歌うプリン探索者なおゆきです。
今回は前回の三鷹台のプリンを食べた後、さらにもう一軒!
以前とある王子注1)知ってる人にはモロバレですねから紹介を受けていたカフェのプリンを食べに行きたいと思います!

では、今回のお店はこちら!

木花日和

そしてタイトルで割と見えていることではありますが、カフェがあるのは永福町。
一体どんなところなんだろうなーと思いつつ地図を見ると。

……Oh、なかなか歩くには厳しそうな立地ですね。
では、遠慮なく井の頭線に乗って永福町駅に向かいます!

最寄り駅からのルート

そんなわけで永福町駅にやってきました。
早速グーグル先生の指示のもと南口から降りて右折します。

この景色が見えたら突き当たるまで直進、踏切を渡ってさらに直進していきます。

…どうやら降りるのが南口である必然はなかったようです注2)改札でてまっすぐ道なり、エスカレーターを降りればこの場所に出ますが、話を進めましょう。

直進していくと右手にパチンコ屋が見えるので、そこを右折します。

完全に住宅街に入りましたね。
道が格子状なので、Google通りにいくとわかりづらいと判断して曲がりが少ないルートを選んでみました。ので、しばらく直進して目印を探しますが…

余計にわかりづらい、だと…
とりあえず、区民センターが右手に見えたら左折して細い道を辿っていきます。

さて、ここから左手にお店があるはずですが…

はい。左を気にしながら進むと先の方の地面に看板が置いてあるのが見えるはず。
こちらが今回の目的地になりますが、プリン単品はティータイム15:30から!
平日はそこまで並びはないということなので、一時永福町駅付近で待機します!

入店

はい、時間になったのでいざ入店です!
いい感じに花が咲き、整えられた庭を抜け、入り口向かって右側のお家に声をかけます。

では入店。
早速何枚か撮りましたが…

何とビックリ洋室だけでなく和室もあるとのこと!
こいつぁ個性的だ、ということで和室をチョイスしました。

こたつテーブルと普通のテーブルがありましたが、
なんかいろんな空間が同居しているような感もありますな…まったり。

デザートはもちろん木花プリン(550円)で、コーヒーは深煎りのエチオピア(600円)!
お財布に税込1265円があることを確認してしばし待ちまーす。

〜幕間〜

お水と思ったらぬるめの生姜湯でした。
気温変化の激しい春には嬉しいサービス。

そしてアーロマー
うむ。このお店は全体的に親戚のお家のようないたわりをかんじる…

さて、待っていると注文したプリンが届きました!
早速食べていきましょう!

実食!

周辺の調度品も含めてこれはなんとも雰囲気のある風景ですね……!
珈琲が届くのを待っているとクリームが溶けてしまいそうなので……いただきます!

永福町/木花日和 木花プリン スプーン動画

スプーンの感触はしっかりとした抵抗感のある固め。
さらに結構深いところまでプリンがありますね!
では、いただきます!

なんかしみじみとしたレーズン的な香り…

プリン本体はなかなかに固めで私好みです!
そして味は卵濃厚系というよりもどこかしら素朴な感じがあります。
おそらくクリームやカラメルの味をしっかりと受けて止めてくれることでしょう。

クリームにはピンク色の粉がかかっていますね、てか、これだけでデザートとして成立しそうなくらいに甘み、固さなどが整ってます。で、この粉は…これは…塩!
聞いてみたところ、今注3)取材日は4/8だけの桜塩トッピングだそうで、普通はナッツとのことでした!

そしてカラメルはかなり濃いめの滋味のある甘みで、レーズンの個性と素朴さが同居した濃い味ですね…良いですね。こういう個性的な味は好きですよ!

まとめて食べると、それぞれだけでも成立していた味がさらにまとまって新しい味になっています…!

一応注意点としては、おしゃれな器は中心が凹んでいるため、食べるときにプリンが不安定になったり、カラメルが沈むこと、皿がやや滑るので事故る可能性があることですかね。

味的には文句なしの美味しさです!

で、食べ終わったあたりでコーヒー到着(笑)
お店の環境のせいもあるのか、どこか和風な香りも感じましたが、なかなかの苦さ。
これは甘いものの風味を高めてくれそうですね!

そんなわけで、コーヒー含めて完食しました!

おわりに

と、いうわけで本日のプリン旅はいかがだったでしょうか?
先日の吉祥寺編から続けてだったので足掛け7時間をかけた形になりましたが、
最終的に美味しいプリンが食べられれば悔いは無い注4)幸せ回路と呼びたければ呼ぶがいい!です!

みなさんはちゃんと時間と場所を確認して、カフェタイムに合わせて行って、
楽しめる待ち時間でカフェに行くことをおすすめします!

それでは、また次の旅までさようならー

今回のお店

店名:木花日和
住所:東京都杉並区和泉3丁目17−1
営業時間:木・金・土曜 lunch time:12:00-14:30 tea time:15:30〜18:00(L.O17:00)
定休日:日・月・火・水曜

脚注

脚注
1 知ってる人にはモロバレですね
2 改札でてまっすぐ道なり、エスカレーターを降りればこの場所に出ます
3 取材日は4/8
4 幸せ回路と呼びたければ呼ぶがいい!

コメント

タイトルとURLをコピーしました