中目黒ラウンジ の プリン を 食レポ !作業の前にエナジーチャージ!【中目黒特集2】

東京都

ご挨拶

みなさんこんにちは。歌うプリン探索者のなおゆきです。
前回から唐突に中目黒特集を宣言しましたが、皆様大丈夫でしょうか注1)今更

さて、前回のhuitさんは目黒川沿いの欧風なカフェでしたが、今回のお店は広いスペースでカフェと言うより現代的かつスペースが広い、作業に適したイメージのお店をご紹介します。

え?このブログはカフェのプリンを紹介するブログであって、貸し作業スペースみたいなところは対象外じゃないかって?

ほら、カフェとレストランの境目って微妙でしょう?

だからカフェと作業スペースの境目も微妙注2)さすがに暴論なんですよ。

足りない要素は勇気注3)≒強引さで補えばいい注4)元ネタ:勇者王
というわけでそんな素敵タウン中目黒特集二店目はこちら!

中目黒ラウンジ

それでは早速、中目黒駅から行ってみましょうか!

日比谷線・中目黒駅からの道順

2-1.南改札・西口2を出て左折

直近の記事では蔦屋の見える正面出口から出ていましたが、今回はこちら南改札からスタートです。
(蔦屋が見える出口から出てしまった場合はぐるっと左にUターンでリカバリできます!)

右側の西口2の方向に出たあとは線路とパン屋に沿うように左折しましょう。

2-2.そのまま3分程度直進

あとは右をチラチラ見ながら直進です。今回はそこまで離れてない駅近カフェなのでご安心を。

2-3.到着

こちらが今回の目的地ですな。早速入店しますよ!
ちなみに開店は11月時点で12:00です。Googleマップ表記とは違うのでお間違えなく!注5)間違えた私だからこその台詞

店内の様子

内装は暗めの照明にローテンポのクラブサウンドが流れるゆったり空間です。私は一人でしたが、かなり大きめのテーブルに案内されました。

正面にはdjセットもありますね注6)画面左に見切れてちらっと見えてます

3-1.メニュー確認

そして注文はテーブルのQRコードとLINEで行う現代仕様。早速メニューを確認しますよ。

こちらプリンパフェもあるようですが、今回はカスタードプリン(600円)で行きます!コーヒーも合わせて800円とのことですが、立地の割にはリーズナブルではないでしょうか。

注文を済ませてしばし音楽に身を任せます…

3-2.今日のセット

で、届いたのがこちらのセット。

おお、なかなかに柔らかそうな台形プリンですね。それでは早速実食です!

実食!

4-1.コーヒーの感想

まずはコーヒーから。
うむ、木の焦げたような適度な苦みがいいですね。喉越し良くサラッと飲めます。

4-2.プリンの感想

前述の通り、プリンはやや低めの台形、トッピングはクリームとチェリーですね。
早速のスプーンinといきましょう。

甘いクリームにねっとりプリン!

プリン本体はやや柔らかめですね。口に入れてすぐに解けてくれる優しい食感です。
クリームとカラメルはなかなかに濃厚。それぞれ強いコクと甘苦さを加えています。

クリームは見た目として量が多そうでややこってりしすぎか?とも思いましたが、そこは平たい台形プリン。奥まで食べることを考えて配分すれば、割とちょうどいい量に収まってくれます。

もっと言えばここは作業前提のスペースですからね。濃いめのプリンでしっかり糖分チャージして作業に没頭する、というコンセプトであれば、なかなかいい塩梅だと感じました!

コーヒーの香りもしっかり鼻に抜けていい感じになりながら、完食です!

おわりに

さて、今回のプリンレポートはいかがでしたか?
個人的な感想ですが、広いスペースで作業を始めるためのエネルギーをつけるには良いプリンだと思いました!

前述の通り甘味強めながらも大味になりすぎない調整で、すっと喉を通っていきますから、コーヒーともども作業の初速に必要な要素は十分です!

まぁその反面、こちらのプリンは弾力あるタイプのプリンではないですね。また、カフェ巡りの後半やランチ食べたあとシメとして、などの限定的な状況だとややしつこいかもしれません。

ただ、店内は広く、作業スペースも十分確保できますから、中目黒駅近辺でほっと一息ついて作業するかー、というときにはしっかりハマるカフェだと思いました!

それでは、今日のレポはここまでです!
皆様も良きプリン旅を!

今日のお店

店名:中目黒ラウンジ
住所:東京都目黒区上目黒3丁目6−18 TYビル
営業時間:12:00-21:00
定休日:なし

脚注

脚注
1 今更
2 さすがに暴論
3 ≒強引さ
4 元ネタ:勇者王
5 間違えた私だからこその台詞
6 画面左に見切れてちらっと見えてます

コメント

タイトルとURLをコピーしました