代々木公園/Beasty Coffee の純白と琥珀の色の妙がステキな映え確実なプリン!

東京都

純白と琥珀の色の妙がステキな映え確実なプリンの紹介です!

ご挨拶

私は新宿から近めのカフェプリンを所望している!

みなさんこんにちは。ただのプリン好きです。
今回は新宿に行く用事があったのでそこから行ける場所を狙ってプリンを探してみました!

といっても、中央線界隈はある程度行ってるので、今回はあまり掘ってない京王新線の沿線で探してみたところ、こんなところが見つかりましたよ!

Beasty Coffee

では、早速新宿から代々木公園駅に移動します注1)なお、私は徒歩で行きます

最寄り駅からのルート

代々木公園駅についたら2番出口から出るのがおすすめです。
そこらから階段の向きに従い直進しますからね。
ここらへんタクシーの停車場やわりと大きな交差点が近くにあるので、車には注意しておきましょう。

さて、横断歩道で位置を確認しておきましょうか。
交差点の標識は「代々木公園交番前」で、そこを渋谷公会堂を示す標識を道路の左に見ながら直進します。

んで、右手に見えてくるカフェの角を右に入って、さらに次のカフェの角を左に入ります。
後は直進すれば……!

クマのイラストが荒々しいこのカフェが本日の目的地です!

しかしここら辺は本当にカフェが多いですね。
ここまでの道すがらぱっと見ただけでも3、4軒ほどお店がありまして…

プリン…

次の取材先も決まっちゃったよ注2)歓喜の舞
と、いうわけで他のカフェは既に開店済で混み合っていたのでまた次回以降に回します。
では、入店しましょうか!

入店

店内の様子は割と落ち着いており、しっとりとした音楽と柔らかい照明、
さらに外の晴れ具合とのコントラストに心が和みます!

なお、結構人が多いのでそこらへんの際立つような光景は映せませんでした!
その先は、自分の目で確かめろ注3)大げさ!ですね。

さて、それではメニューを確認しましょう。

こちらのプリンはなかなかに個性派のようですね。
和三盆にエスプレッソ…興味を惹かれるワードの連続です!

私はホットコーヒーとプリンを注文して
合計900円(税込)でした。
それではどんな味になるか期待をしつつ、レッツ待機!

〜幕間〜

電源とWi-Fiもあるぜよ。

落ち着いた照明のもとでゆったり記事を書いていると、注文したメニューが届きました!

こなぁぁぁぁぁあゆきぃぃぃぃ注4)突然のレミオロメン
というわけでホワイトなプリンとダークなコーヒーが対照的な皿が届きました!
見た目の儚さから、一つの芸術品とすら感じますね…!

では、早速いただきます!

実食!

まずはダークのコーヒーから!
こちら黒いマグカップで割と落ち着いた色味ですね!

コーヒーは深煎りとのことでしたが、そこまで苦味強すぎず、飲みやすい感じでした!どこかビターチョコのような風味も感じましたね!

ではプリンですが、こちら写真奥のエスプレッソを後がけするようです。ので。

Beasty Coffee 和三盆とエスプレッソで食べるプリン スプーン動画

こうなるわけですね!
では、いざ実食!

エスプレッソの風味とほろっと解けるプリン、和三盆の味が相性抜群です!

本体はしっとり感強いチーズケーキのような感覚ですが、和三盆の優しい香りと卵感が、これが個性派プリンであることを思い出させてくれますね!

わりと甘みは強いのですが、全然くどく無いのはやはりこだわりの和三盆ならではといったところでしょうか。

そして合わさるエスプレッソはかなりビター。
エスプレッソなら当然、ソースとして調味されているなら更に、ということなのかもしれませんが、
単品で飲むよりもプリンに絡めた方がいいですね!

苦めのコーヒーとの相性も良く、苦味から香りが際立つ味に感じられます!

しかし、この品はプリンでありながらも、なんとなく和菓子感も感じる、
総じて繊細な味となっております!
食べてほっと息をつきたくなる系のプリンの中でも、結構上位に来るほっと感です!

このブログでそれを表現し切れたかが不安だったり申し訳ない気持ちもありますが、
あとは君の目と舌で確かめろ!という精神でしっかり味わいながら、完食です!

おわりに

今回の記事はいかがでしたか?

このエリアはプリンを扱うカフェが最低でもあと二つはあるようなので、また訪れたいところですね!
中にはプリン単品は14:00からしかオーダーできないところもあったりするので、
今度はちゃんと時間までリサーチしてから来ることにします!

それでは、また次回のブログで!

今回のお店

店名:Beasty Coffee
住所:東京都渋谷区富ケ谷1丁目19−3
営業時間:9:00-20:00
定休日:なし

脚注

脚注
1 なお、私は徒歩で行きます
2 歓喜の舞
3 大げさ
4 突然のレミオロメン

コメント

タイトルとURLをコピーしました