わたしがブロガーになった理由(後編:育った樹と種の資質)

自分語り

ブログ立ち上げ記録連載、最終回です!

ご挨拶

こんにちは。ただのプリン好きです。

ブログ立ち上げ連載記事もいよいよ最終回となりました。
関連する人たちには本当に感謝しかありません。

なお、今回までの記事でもそうだったかもしれないのですが、
今回の記事は特にLE、LEer注1)これらの意味については過去記事参照 要素が強めに入った内輪向け記事となっております。

Twitterから入ってきた私のリアル友人や、プリン目当ての方々にはちょっと読みにくい記事になっているかもしれませんが、それだけこのブログ立ち上げに寄与した割合が多いということで、今回だけはご容赦ください。

ここまでの流れがわからない人は、下記より見ていただくと良いかと思います。

わたしがブロガーになった理由(中編:芽吹いた種と様々な肥料)
私がこのブログを立ち上げた経緯の連載、中編です!こんにちは。ただのプリン好きです。今回も私がプリン好き、プリンレポを発信するに至った経緯を書いていきたいと思います。相変わらず文章が長いです注2)本当に、申し訳、ない。 。...

それでは、ここから本編に入ります。
最後まで見ていただけるとありがたいです。

仲間たちに声をかける

2020/6/20。 ブログを立ち上げる。有料サーバーを借りて質のいいものにする。 そう決めた後の私の行動は、猪突猛進、一気呵成という言葉がピッタリの勢いで進みました。

数少ない同様のネタを扱う先駆者に軽率にツイッターで声をかけました。 また、LE内でもブログを始める方針を明らかにし、 様々なLEerに協力をいただきました。

うさぼうさんは「プリンブログで良いところが少ない」という同じ考えを共有してくれました。

うとさんにはLE内の食レポブログ先駆者としてきのさんの存在を教えてもらいました。

そしてきのさんに、少女漫画ネタの実体験共有をきっかけに連絡を取り、記事の書き方やブログ立ち上げの参考サイトを教えてもらいました。

試作したブログ記事を個人チャンネルに投げて、おはるさんにアドバイスをもらったりもしました。

気づいていなかった、忘れかけていた資質

ここまでの流れで退路を断ち、いいものを作らねば、と気合を入れ直していたのですが、 相談をかけたきのさんから、こんな話が飛び出しました。

「クオリティ的にも今のボリュームなら十分」
「行動早い」
「長文書くのは苦ではないですよね?」
「文章書きのスタンダード高いですよね」

私にとって最も意外だったのが、「行動早い」。 各種占いやら心理テストで行動にかかるのが遅い、と言われ続けていた私は、この発言に衝撃を受けました。

あらためて振り返りってみると、環境が変わり時間や心に余裕ができたというのもありましたが、

1.私の溜め込んできたものが、
2.相手の関心のあるポイントで芽吹き、
3.さらに相手がもっと何かある?と聞いてきた

上記のような、LEという「他者を思いやり、応援する」環境での好意的なやり取り

これらによって、 私の中の他者貢献=高速処理の回路が目覚めていたのです。

そして、 もともと私は物量はあっても一個一個はかんたんな課題を解くことに適正がありました。 数学の問題などもパターンにはめて爆速で物量を解くような問題が好きでした。 今回の流れもまさにそれで、

・参考動画を見ながら手順の多いGUI(パソコン)操作をする。
・今まで培った文章力・お笑い見てきたことからのネタ構築力を駆使してレポを書く。

両方とも似たような作業特性を持っていたのです。 他者貢献の回路もある。速度を出す条件も整っている。 わたしの猪突猛進は、もう止まりません。

あとは、走り抜くだけ

7/1。

WordPressのためのサーバー契約 6:30

基本設定、プラグイン導入 9:00

デフォルトサイト表示 9:30

その後休憩からの取材のための外出 10:00-13:30

既存のレポートをもとにブログとしての記載完了 18:00

各種確認、そしてブログ公開……22:00

自分でももはや何をやってるいるのか理解ができないほどの速度。 契約→構築→取材→投稿までをおよそ15時間でこなすという、 割と初心者としてはやりすぎな勢いで、初投稿(南浦和/Danteの回)を決めてしまったのです。

元来速度のある仕事とは無縁だった私は、 自分がここまでできるのかとおぼろげながら自信を取り戻したのです。

LEerのみなさまへ(最後まで内輪向けご容赦ください)

私のプリンレポはこのような経緯で生まれました。 その中でいつも振り返れば、LEというコミュニティの存在がありました。

好きなものを燻ぶらせず、公開することを選んだ私は、 主にブログでプリンレポを書いていくと決めました。 注3)LEでもボツネタ供養をしていく予定ではあります。

この連載記事を通して、LEerのみなさまには心からの感謝を贈るとともに、 今後もこのブログともども、見守ってほしいなぁと思っています。

脚注   [ + ]

1. これらの意味については過去記事参照
2. 本当に、申し訳、ない。
3. LEでもボツネタ供養をしていく予定ではあります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました