曳舟/東向島珈琲店 のチーズがきいた個性派プリン!

東京都

チーズがきいた個性派プリンの紹介です! 

ご挨拶

私は浅草を歩けばプリンに当たる説の検証を所望している(挨拶)!

どうも、ただのプリン好きです。今回は浅草駅で降りてスカイツリーとかまで歩いた後、なんとなくプリンを探して歩いたときのレポをお送りします。

なんで浅草駅で降りたって?
そりゃお前…

約束を果たしに来たのさ!!(詳しくは下記記事おまけ参照)

はい、そんなわけで今朝は懐かしのお店でスコーンを食べていました。
そして、私は先駆者ブロガーの人が、浅草近辺で膨大な量のプリンを食べていたことを思い出したのです。

私は考えました。
浅草では、適当に歩いていてもプリンにありつけるのではないか?

はい、そんなわけで適当に歩いていてたどり着いたカフェがこちらですよ!

東向島珈琲店

浅草ちゃうやないか!!
はい、苦情は聞きますが対応はしません注1)マテや
それでは、今回の最寄り駅は曳舟駅なので、ちゃきちゃきレポを始めてみましょうか!!

最寄り駅からのルート

さて、経緯としては前述の通り、私は浅草から観光してたどり着いたわけなんですが、
今回のカフェの最寄りは曳舟駅となっていますのでそちらからのルートをご紹介。

まずは曳舟駅西口を出て右手に向かって進みましょう。
養老の滝とかを左手に見ながら進みます。

次のランドマークはこちらの公園ですね。これが見えたら左折して、素朴な住宅街を抜けて大通りに出るよう進みます。

大通りについてこちらの標識が左手に見えれば、あとは信号を右斜め前に渡って進んでいくと、見えてくるはずです!

はい、こちらが今日の目的地です!
それでは早速お店に入りましょう!

こ、これは…
すんごい静かな空間です…
BGMも微かに聞こえる程度で、あとは静かな会話や食器の音、そしてコーヒー豆を引く音のみが響く空間…

癒しを求めるお客さんを愛し、お店側もお客さんに愛されてる感じ注2)イェェェェェイがします…

メニューの表紙も年季が入ってますね!エイジングした革表紙や!

今回はクリームチーズのプリン(450円)と、スイーツに合うと言うメールブレンド(450円)をチョイスしました!!(税込にして990円也)

さて、どんな感じのプリンが出てくるか楽しみですね!

・ω) wkwk幕間wkwk・ω)

こんなところもおしゃれー、ん?

よくよく見ると、なんと、店名が!!

実食!

そして、来ました! これがこのお店のプリン!
それでは実食行ってみましょう!

まずはコーヒーから。
コーヒーはなかなかのビター加減。スイーツ合わせが楽しみであります。

なんとスプーンではなくフォーク注3)しかも木製
フォークの加減はほぼチーズケーキですが、お味は…

チーズケーキだけど、きちんとプリンの風味も…!

本体はベイクドチーズケーキよろしくふんわりと溶けていきます。しかし、そこに卵とカラメルの風味が乗っかって、カスタードプリンとはまた違う、不思議な風味がします。

クリームはやや軽めの濃厚さです。
このプリンの場合、本体にチーズケーキ的な満足感があるため、濃厚さを抑えているのでしょうか。

そしてこの二つと苦めのコーヒーが実に合う!
見事に濃いめのプリンの味をリセットしてくれますね!

プリンとクリームを合わせて食べると、溶けていくプリンにクリームのミルク感がほんの少しアクセントを加え、とても優雅な時間を過ごしている感じになります!

最後の一口、そしてこの空間にいる時間の終わりをじっくり噛み締めながら、完食です…!

おわりに

今回はやや変化球のチーズケーキ的なプリンでした! そういえば当ブログ最初の記事もチーズケーキなプリンでしたね!

これで原点回帰したということで、また改めてプリン開拓を進めていきたいところですね!

また、ここはお昼時でも静かな雰囲気が保たれているので、都会の喧騒を忘れたい時はプリン関係なくよってみるのはありだと思います注4)レアチーズとかフレンチトーストとかもあることですし!!

では、今日も一皿ごちそうさまでした!
また次回をお楽しみに!!

今日のお店

名前:東向島珈琲店
住所:東京都墨田区東向島1-34-7
営業時間:平日 8:30〜19:00(L.O.18:30)土日祝日 8:30〜18:00(L.O.17:30)
定休日:毎週水曜日、第2・4火曜日

脚注

1 マテや
2 イェェェェェイ
3 しかも木製
4 レアチーズとかフレンチトーストとかもあることですし

コメント

タイトルとURLをコピーしました