ブルーボトルコーヒー 清澄白河フラッグシップカフェの プリン を食レポ! まさかの外観、円盤 プリン【清澄白河エリア】

東京都

ご挨拶

私はきれいな公園の近くのカフェを所望している!

1-1.今日は公園の近くへ

みなさんこんにちは。歌うプリン探索者のなおゆきです。
今回は駅名になるくらいには有名そうな公園近くのカフェでプリン探しをしてみました。
この記事で興味を持ってくれたならぜひ行ってみてくださいね。

1-2.今日行くお店

そんなわけで今日のお店はこちらです!

ブルーボトルコーヒー 清澄白河フラッグシップカフェ

ニュースとかで「ブルーボトルコーヒー」の名前は聞いたことがありましたが、自分で実際にどんなところかは調べてませんでした。

ですが、プリンがあるとなれば話は別!
早速半蔵門線、大江戸線の通る清澄白河駅に行ってみましょう!

半蔵門線・大江戸線 清澄白河駅からの道順

2-1.A3出口から出てみる

では、清澄白河駅からスタートします。
A3出口から行きましょう

2-2.看板を見つけたらそれぞれ左折

出口の看板を見たら左折します。

のがみの分岐は左を選択。

2-3.川の方へと右折

ここを右折して川の方へ向かいますよ。
ちなみに今回はスルーしましたが、この角左側にあるコーヒー豆屋さんも気になりますね。
右を見ながら少し進むと…

2-4.到着!

この白い体育館みたいな建物が今回の目的地ですね!では早速入りましょう!

入店

到着は平日朝10:00。
席はそれなりの埋まり具合で人を写さないようにするカメラの射線取りが難しいです!

3-1.天井が高いので開放感あります

で、単純に面積が広いだけでなく、一階二階ぶち抜き高さ的にも広々した空間に過去最大の開放感を感じられます!
レトロ喫茶店もいいですが、このような空間作りもまた良いですね!

3-2.注文はクレカも対応

それでは注文に行きましょう。

まずはコーヒーの注文ですが、コーヒー推しのお店でかつメニューの1番上にある(重要?)ということで、エスプレッソにチャレンジしてみます!

豆は深煎り/浅煎りの2種類ということでしたが、今回は深煎りチョイス。605円でした。

プリンを含むスイーツメニューは朝からやっているようですね。こちらは660円。合計1265円を支払いました。

ちなみにこちらクレジットカードにも対応しているようです。レジもiPadで、まさに今時のカフェって感じがしますね。

3-4.着席からの到着

注文したものはテーブルまで持ってきてくれるとのことで、席注1)奥のスペースは段差にも注意に番号札を置きつつ、しばらく待つことにしま

店員さん
店員さん

どうぞー

早いな!
と、いうわけでものの数分で注文した品が届きました!幕間挟む暇なんてなかったんや!注2)本音
それでは、早速実食していきましょう!

実食!

4-1.コーヒー実食

まずは深煎り指定したエスプレッソから!
おお、酸味も苦味濃いめですが、そこまで飲みづらくはないですね!
そして後にもしっかりコーヒーの風味が口に残ります!

甘めの炭酸水もセットなので、これならいけそう!

4-2.プリン外観

そしてこちらのプリンはこんな感じ。
平らで広いですが、厚みが薄めという珍しい形。
量感がちょっと読みづらいですが、百聞は一見にしかず、ということでいざスプーンイン!

4-3.スプーンin

ブルーボトルコーヒー 清澄白河フラッグシップカフェ プリン スプーン動画

固めのスプーン感ですね。見た目の個性に対してかなり正統派な固めプリンの予感を感じつつ…いただきます!

4-4.プリン実食!

独特な深ーい甘みを感じる…!

おぉ、個性的なコクのある甘みを持つプリンですね!

プリン本体

プリン本体は固めでした。
形が平らな分そこまで一気に口に運ぶタイプではなく、
プリン全体の甘味が濃いので適切な量が口に入りますね。
カラメルのしみていない部分からもそこそこの甘みと卵の風味を感じます。

カラメルの味

そして味の主軸となるカラメルは黒糖のような(主観です)深みのある濃い甘みを感じさせてくれてますね!この甘さはクセになりそうですね!

からのコーヒー

そこからエスプレッソを一服。酸味とコクが喉を通り過ぎると、
プリンの後味は一気にリフレッシュされます!

エスプレッソはほほ初めてですが、
どことなく肉料理を食べた後のような感覚を覚えるのは私だけなんでしょう注3)聞くまでもないね。

そしてコーヒーの風味を炭酸水で再度リフレッシュさせることで、
新鮮な舌でまたプリンに向かえます!

全体の味

こちらのプリンはユニークな形ですがボリューム感は十分で、むしろ少量の一口を長く味わえるという意味でいつもよりもお腹が満たされる感覚もあります。

エスプレッソも新鮮な舌作りの面でかなり相性良かったです! プリン→エスプレッソ→炭酸水のループは一口一口がとてもくっきり感じられました!

今度来ることがあれば普通のコーヒーとの合わせも試したいなーと思いつつ、最後の炭酸水を飲んで完食です!

おわりに

さて、今回も美味しいプリンでしたね。
見た目からしてやや個性的ではありましたが、喉越しいいし美味しいしで、近くにいたら食べたくなる感はありましたね!

しかしこのお店、イートインスペースの開放感がすごく、換気状況はすこぶる良好!一般的な狭めのカフェが苦手な人でも入りやすく過ごしやすい空気を感じました。スタッフの方々も多く、待ち時間も少なかった注4)ので、その時間で記事書く暇はなかったのも印象的です!

また、関連グッズや豆なども種類多く販売しているので、コーヒー好きな人にはとても刺さりそうですね!

では、今回はここまでにして、公園歩いて帰ろうかな注5)閉まってましたorz
皆様も良きプリン旅を!

今日のお店

店名:ブルーボトルコーヒー 清澄白河フラッグシップカフェ
住所:東京都江東区平野1丁目4−8
営業時間:8:00-19:00
定休日:なし

脚注

脚注
1 奥のスペースは段差にも注意
2 本音
3 聞くまでもない
4 ので、その時間で記事書く暇はなかった
5 閉まってましたorz

コメント

タイトルとURLをコピーしました